パブリシティ紹介

2013.05.15更新

こころとからだの健康マガジン「パンプキン」2009年3月号 P16~P17私たちはストレスを感じたとき、不安や悩み、不満や怒りといった負の感情を持ちますが、それだけではありません。
体の中にある活力源ともいうべき生命エネルギーにもゆがみを生じているのです。
このゆがみは神経系や内分泌系に悪影響を及ぼし、免疫機能を低下させて病気となって現れます。
風邪などの病原菌による感染症をはじめ、肥満や高血圧、高血糖などによる生活習慣病などのさまざまな病気です。
がんも免疫機能が低下すると、体内に毎日5000個以上も生まれるとされるがん細胞の根をたたくことができずに、発症してしまします。
しかし、現実には元凶であるストレスをなくすことはできないでしょう。
そこで、ストレスをどう受け止めるかが大きな問題になります。

ストレスからすぐに立ち直れる人となかなか立ち直れない人・・・その違いは何でしょうか。
於保先生は「自分を見る目が温かいか冷たいかの違い」と指摘します。
物事がうまく進んだとき、自分を誇りに思う人は多いでしょう。
しかし物事がうまくいかなかったとき、頑張れない自分は無力な人間だと卑下してしまいます。
これではますます自信を失うことに。
むしろ逆境のときは、まず自分を温かく見つめ受け入れることが重要です。
そうすれば、頑張れない自分でも安心して自信を取り戻し、次第にストレスを乗り越えられる力を持つようになります。
どこまでも自分のもつ可能性を信じぬくことが、本来の力を発揮できる秘訣なのです。

投稿者: オボクリニック

カウンセリング/セミナー リライフアカデミー パブリシティ紹介
CLINIC BLOG リライフBLOG ふれあい診察室

ご予約・ご相談はお気軽に

TEL:03-3200-1510
健康セミナー申し込み
tel_bn_sp.png
健康セミナー申し込み
TEL:03-3200-1510 健康セミナー申し込み