当院の治療方針

生き方を変える、自分を変える、ステージに応じたトータルケア

1治療の方針—根治療法

2カウンセリング

3グループ療法

4オボクリニック健康セミナー(毎月1回開催)

1.「 根治療法」(於保哲外先生)

—“こころ”と“からだ”を温めると病気は治る

心の病気になる根本的な原因は、その人の生き方、考え方の歪みにあります。その歪みを見直し変えていくことで、病気を根本的に治していくことが、当院の目指す治療です。

薬だけに頼った薬物療法は、根本の問題を解決しないままに経過するので、たとえ一時的に病気が良くなったとしても再発することが多いのです。
病気の根本である生き方、考え方の歪みを見直し、自分自身と良好な関係を築いて行くことで、病気は根本から治っていきます。またこの事は、単に病気が治ることだけにとどまらず、本来の自分自身の姿をありのままに輝かせ、生き生きと自己実現して行くことにつながっていきます。

一方、治療の経過で心の問題が解決して行くと、大半の患者さんは順調に治って行くのですが、中にはそれでもなお症状や問題が残る患者さんがいます。その原因を模索した時、このような方達に共通する問題は「体の冷え」であることが分かってきました。そこで、生活の中に体を温める治療を取り入れたところ、目に見えて回復が良くなり治るようになってきました。

“こころを温め、からだを温めれば健康になる”これがオボクリニックの治療スタンスです。

2.「カウンセリング」

—“自分関係のゆがみ”に気づき、それを自分自身で治していく方法をカウンセリングを通して身につけていきます

健康的な人、一流といわれる人ほど、いくつかの共通項があります。ユーモアにあふれ、個性的で独創的、わがままでワンマンでマイペースなのに自然体・・・それは、まさに3歳のころの自分といえるのではないでしょうか。

本来、3歳の頃のような、本音でありのまま、子供っぽい自分というのは、大人になっても誰の中にも存在しています。しかし、病気になる人、生き辛さを感じる人、家族関係や他人との関わりがうまくいかず悩む人の多くは、そんな子供の自分を責めたり、抑圧することで、本来の自分が萎縮して、本来の自分を見失ってしまいます。
それにより、何がしたいか分からない、なぜか他人との関係がうまくいかない、と行ったジレンマに陥りやがては病気になってしまうのです。

当院のカウンセリングは、身についてしまった自己抑制、自己否定の癖にまず患者さんが気付き、その歪みを治すための内面的認知行動療法を通して、本来の自分らしさを自分の中で育てて行く実践的カウンセリングです。
カウンセリングを通して多くの方が自分自身の最大の味方となる生き方を身につけ、自身の可能性を大きく開く人生を歩まれています。

3.「グループ療法」リライフアカデミー(花形麻貴子先生)

—集団の中での自己主張、自己肯定を学びます

診察やカウンセリングは、専門家が1対1で、その人の心の病気や生き辛さの原因となっている生き方、考え方の歪みを具体的に治療していきますが、それを実際に社会の中、集団の中で実践できるようになることが大切です。

グループによるデイケア「リライフアカデミー」では、本来の、伸び伸びしたありのままの自分をより輝かせ自己表現しながら、さらに他人とも良好な関係を築き、集団の中、社会の中で自己実現していくためのスキルを身につけるプログラムです。

詳しくは、「リライフアカデミー」のページを参照ください。

4.「オボクリニック健康セミナー」

この健康セミナーは毎月1回開催され、クリニックを受診されていない方でも、どなたでも気軽にご参加いただけるセミナーです。
私たちの日常はストレスや不健康な環境にさらされ、いつのまにか“こころ”も“からだ”も傷ついています。そのとき、自分で自分を癒すことが出来る人は健康です。
この“こころとからだの冷え”の解決を基本として、自分自身を変えていくことを一緒に学び、現代人が抱える病気、「うつ病」「アレルギー性疾患・花粉症」「パニック障害」「睡眠障害」などを解決していくためのメソッドを総合的にお伝えします。

詳しくは、「オボクリニック健康セミナー」のページを参照ください。

カウンセリング/セミナー リライフアカデミー パブリシティ紹介
CLINIC BLOG リライフBLOG ふれあい診察室

ご予約・ご相談はお気軽に

TEL:03-3200-1510
健康セミナー申し込み
tel_bn_sp.png
健康セミナー申し込み
TEL:03-3200-1510 健康セミナー申し込み