ふれあい診察室

2015.05.29更新

 S君は高校三年の受験生である。一学期の期末テストで躓いてから勉強に身が入らなくなり、自己嫌悪に陥るようになった。時には他人が自分のことを噂しているような気までしてきた。このままでは来年の受験に失敗するのが目に見えていると思うとますます追いつめられた気分になるのだそうである。S君は高校受験の時にも中二の終わり頃から精神的に不安定になって、眠れなくなり、精神科にかかったそうである。
 S君に限らず受験や課題に直面したとき、失敗を恐れて、不安になったり、緊張したりするものである。しかも失敗を恐れれば恐れるほど、S君のようにますます追いつめられていく。
 先日、本紙で次のような記事が目を引いた。ホンダ自動車の創業者本田宗一郎氏が自身の仕事を振り返り、「99%は失敗の連続であった。そしてその実を結んだ1%の成功が現在の私である」と語ったそうである。
 この話から昔やった遊びを思い出した。砂場で土まんじゅうを何段まで重ねられるか競うのである。たいていは二、三段で崩れてしまう。崩れてしまえば失敗だが、もし十段の積み重ねに成功して、1メートルの高さにまで積み上げることができたとする。これは確かに大成功である。しかし、この山はわずかな刺激で崩れてしまうもろさを持っている。一方、積んでは崩れ、積んでは崩れをくり返しながら積み上げた山は富士山のごとくすそ野が広がっているから、容易には崩れないはずである。
 私たちはなるべく失敗しない人生を望んでいる。だから10%の失敗でも絶望的になってしまいやすい。あらためて、本田宗一郎氏のすごさは、99%の失敗をする自分自身を信じ続け、その上に積み上げていったことだと感嘆する。

投稿者: オボクリニック

2015.05.26更新

 同じことをしても、価値観の違いでずいぶんと結果は違ってくるものである。
日本人は「働かざるもの食うべからず」という。ラテン系の人は「遊ぶために働く」そうである。
 45才のTさんは二年前の秋頃より頭がしびれるようになり、やがて後頭部の頭痛がひどくなったため、職場を一ヶ月休んだ。少し改善したので出社してみたが、やはり仕事どころではないため、受診された。再び病気休暇を取ったが、職場復帰を焦るのでなかなか本当のリラックス、リフレッシュができない。しかし、いつまでも休んではいられないということで復職した。その後は仕事量を減らしてもらってなんとか仕事には行けているが、休みがちなために給料も半減してしまった。
 Tさんにこんな例え話をした。「無理して働かせて倒れた馬がいるとします。少し休ませたからもう良いはずだと再び働かせる。しかし、馬は疲れが取りきれていないためにすぐ休もうとする。すると、甘えだ。我が儘だ。と責めたて、働きの悪いその馬にさらに鞭打つ。これを続けて果たしてその馬がいつか元気になることができるでしょうか」このように馬に例えてみるとずいぶんひどい話であるが、似たようなことを自分自身にしてしまうのがTさんのような真面目な人の特徴である。自分に対しては相当残酷なことをしてもおかしいと感じないところが奇妙である。その背後に「働かざるもの食うべからず」という一見もっともらしく、しかし残酷な価値観があって人を追い立てているからであろう。ラテン系の人たちのように「遊ぶために働く」といった価値観であればそこまで自分自身を追いつめることはしないであろう。ともあれ、衆生所遊楽という言葉があるように仕事も人生も味わい楽しんで生きていきたいものである。

投稿者: オボクリニック

カウンセリング/セミナー リライフアカデミー パブリシティ紹介
CLINIC BLOG リライフBLOG ふれあい診察室

ご予約・ご相談はお気軽に

TEL:03-3200-1510
健康セミナー申し込み
tel_bn_sp.png
健康セミナー申し込み
TEL:03-3200-1510 健康セミナー申し込み