ふれあい診察室

2015.03.11更新

 Kさんは二十代半ばの女性会社員であるが、職場の人間関係のストレスで過食症になって受診されている。イライラすることも多く、時々それが高じると手首を切ることもあるという。会社ではKさんは同僚や上司に気を遣い、嫌われないように、いつもみんなと協調していくことをモットーとしている。しかし、協調していこうと思えば思うほど緊張が高くなり、かえって失敗したり、周りから嫌われてしまうのだそうである。Kさんにとっての協調性は自分の本心や感情を殺して周りに合わせていくことになっているわけである。このKさんのような落とし穴にはまっている人は少なくない。
 我が国では「和を持って尊しとす」といわれるように団結・協調性は非常に重要な価値である。しかし、二通りの協調性があることに気づかないとKさんのような落とし穴にはまってしまう。すなわち、自分らしさを殺す協調性と自分らしさを生かす協調性である。前者のように自分の本音や個性を殺して協調するというのは団結というより烏合の衆になってしまうといえよう。しかし、団結や協調性をいう多く場合、我が儘や自己中心性を排さなければならないと強調するあまりに前者の協調性に陥ってしまいがちである。
 黒澤明監督の「七人の侍」という有名な映画がある。野武士集団の略奪に苦しめられている村をそれぞれ個性的な七人の侍が村人と一緒に守っていくというあらすじである。それぞれが絶妙な役割を果たして団結を強めていくことによって、目的を達っすることができるわけである。
 このように一人一人の個性を輝かせながらおたがいに理解し合い、守りあって団結・協調していく。この生き方が本当の協調性ではなかろうか。

投稿者: オボクリニック

2015.03.11更新

 Sさんは無口でまじめで仕事熱心な30才の青年であるが、ここ数年、仕事上でいつも上司から怒鳴られ、その中で歯を食いしばって耐えている。時折数日会社を休むことがあり、「疲れた」が口癖で、下痢も時々あるそうである。これはストレスで体が悲鳴を上げている症状であるが、ついにここ数ヶ月、会社を休み、人を避けて部屋に閉じこもるようになったとのことで来院された。
 Nさんは40才の主婦であるが、子供の学校の役員を断り切れずに二つも引き受けてしまった。自分なりに頑張ってやりきっていたが、些細なことで誤解され、それが変に伝わって悩み、ついにうつ状態に陥った。今では子供の関係のお母さん方が怖くて電話にもでられず、家からも一歩も出られない。
このお二人に共通しているのは、ひたすら我慢と忍従で事態に対処し、その結果破綻していることである。しかも、元々、自己評価が低く自責的だったことが破綻を早めたようである。すなわち、苦労し重荷を背負っている自分自身への思いやりや配慮が足りないどころか、少しでも事態が悪化したときにはかえってこんな自分は情けないと責めたり、追いつめたりしてしまうのである。
 仏法用語で能忍という言葉がある。仏の別称であり、能仁とも書く。能く忍び、能く慈悲を施すという意であるが、この能忍というのは一見してみると我慢や忍耐に似ている。しかし、能忍というとき仏は自身の尊厳性に立ち、衆生を大きく包んでいくであろう。すなわち自分自身を殺して事態を忍ぶのではなく寛い大きな心で一切を受け止めていくわけである。むしろ自身を最高に活かしている姿といえよう。
 人生に苦難はつきものである。その苦難を自身の成長に活かすためにも、自分を殺して我慢するのではなく、広々とした心で自身を包みながら能忍の心で人生を謳歌したいものである。

投稿者: オボクリニック

カウンセリング/セミナー リライフアカデミー パブリシティ紹介
CLINIC BLOG リライフBLOG ふれあい診察室

ご予約・ご相談はお気軽に

TEL:03-3200-1510
健康セミナー申し込み
tel_bn_sp.png
健康セミナー申し込み
TEL:03-3200-1510 健康セミナー申し込み